So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

<傷害>別の乳児も抱っこ骨折…容疑の女再逮捕へ 栃木県警(毎日新聞)

 栃木県足利市の子供用品店で5月、乳児を抱いて両脚の骨を折ったとして傷害容疑で逮捕された同市若草町、無職、五月女(そうとめ)裕子容疑者(28)が、4月に同じ店で別の乳児が抱き上げられて脚の骨を折られた事件にも関与した疑いが強まり、県警足利署は近く、傷害容疑で再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。五月女容疑者は3年半ほど前に離婚し「幸せな家庭がうらやましかった」などと供述しているという。

 捜査関係者によると、五月女容疑者は4月に足利市内の子供用品店で、買い物に来ていた女性の乳児を抱き上げ、脚の骨を折った疑いが持たれている。

 五月女容疑者は同じ用品店で5月26日午前11時半ごろ、生後3カ月の乳児を抱いて両太ももの骨を折ったとして同28日、傷害容疑で逮捕された。当初は否認したが、現在は容疑を認めているという。

 五月女容疑者は、学習塾経営の両親と会社員の弟、長女と実家で暮らしていた。捜査関係者によると、県警の調べに「親から『仕事を探せ』と言われていた」「優秀な弟に対し劣等感を感じていた」などと供述しているという。また複数の知人によると、逮捕前は「パートを始めても続かない」と漏らしていたという。【吉村周平、岩壁峻、松本晃】

【関連ニュース
<事件の第一報>傷害:乳児抱き両脚の骨折る…容疑の28歳女を逮捕
<関連記事>抱っこ骨折:他に2件 相談十数件 足利署
<関連記事>足利の乳児抱き上げ傷害:容疑認める供述 /栃木
殺人未遂容疑:浴槽に乳児を投げ入れ…母親逮捕 埼玉県警
乳児死亡:9カ月男児、暑い車内に7時間放置

本因坊戦、山下が2勝目(産経新聞)
人事制度のないあの会社は、今どうなっているか(Business Media 誠)
<みんなの党>ジャーナリストの吉田氏擁立 参院比例代表(毎日新聞)
公安庁がオウム関連2施設に立ち入り 新拠点と最大拠点(産経新聞)
感染、写真で迅速に判断…農水省通知(読売新聞)

「退陣は私の不徳のいたすところ」官房長官、総辞職に反省の弁(産経新聞)

 平野博文官房長官は4日午前の記者会見で、鳩山内閣総辞職を受けて、「国民から大きな期待をいただきながら、退陣に至らしめたことは、もっぱら私の不徳のいたすところ。改め責任を痛感する」と反省の弁を述べた。その上で「民主党政権が国民の信頼を回復するため、一議員として微力を尽くす」と語った。

 さらに、鳩山政権が目指した「政治主導」「脱官僚依存」については「『政治家主導』みたいな話にややもするとなり、霞が関と距離ができてしまった」と述べ、官僚の能力を生かし切れなかったとの認識を示した。

【関連記事】
この洞察力を政治に活かせれば…首相が見せた鳥へのこだわり
小沢王国に暗雲 地元奥州市、怒りと困惑交錯
菅氏、早くも“上から目線”!? 「小沢さん静かにしていて」
蜜月終わり懸念…中国、小沢幹事長辞任は「中日関係にプラスではない」
「鳩山辞任」財政にメス 景気動向、連立組み替えが鍵

直木賞、電子書籍に…「ほかならぬ人へ」早くも(読売新聞)
樽床氏、代表選出馬の意向 菅氏は協力要請の行脚(産経新聞)
「週刊新潮」に抗議=愛子さま関連記事で―宮内庁(時事通信)
県立受験やめれば合格させる 愛媛の帝京第五高、30年前から(産経新聞)
中電グループ EV用充電スタンドを発売(毎日新聞)

<自民党>参院選マニフェストの原案発表 6月に最終版(毎日新聞)

 自民党は14日、参院選で掲げるマニフェスト(政権公約)の原案を発表した。消費税は年金医療介護、少子化など社会保障財源に全額充当するとし、与党時代に主張した「経済状況の好転」との税率引き上げの前提条件は撤廃し増税の必要性により踏み込んだ。ただ、税率は「政権復帰時点で決定する」こととし、上げ幅は明示しなかった。今月末まで党のホームページで公表し、一般から意見募集したうえで6月に最終版をまとめる。

 自民党は、財源難からマニフェストの修正を迫られている民主党を意識し、「実現可能な責任ある政策を提案・実行する」ことを原則とした。その結果、原案は項目の羅列にとどまり、今後3年間の国内総生産(GDP)成長率の目標数値も示せないなど、有権者にアピールする新味に乏しいものとなった。

 自民党らしさといえば、4月にまとめた骨子で項目の最後だった「自主憲法制定」を党内の異論を受けて全体の1番目に配置換えした点。ただ、抜本改正か、できることから着手すべきかの調整がつかず、具体的な改正の中身は言及していない。

 「政治とカネ」の問題では、企業・団体献金のあり方などには直接触れず、「政治家の違法行為を秘書の責任にできないように、政治家の監督責任を明確にする」とうたっただけだった。

 このほか、法人税率を20%台に減税▽郵政民営化の着実な実行▽子ども手当の全面見直し▽新卒者の100%就職を支援▽在日米軍再編の着実な実施▽集団的自衛権に関する「安全保障基本法」制定▽国会議員定数の大幅削減▽「外国人地方参政権」の導入反対−−などを盛り込んだ。【野原大輔】

【関連ニュース
子ども手当:11年度以降減額も 目玉公約修正には慎重論
政府・民主党:消費税引き上げをマニフェストに明記へ
自民党:消費税率は盛らず 参院選マニフェスト案
国民新党:地方経済再生へ年3兆円 参院選マニフェスト案
鳩山政権:実績アピール必死 仕分けにマニフェスト…

「2人目へ重点支援を」 参院選 小沢氏、亀井氏へ要請(産経新聞)
<八街放火殺人>中村さんの背中に刺し傷 致命傷の可能性(毎日新聞)
被害者の乗用車、廃屋で発見 千葉放火殺人(産経新聞)
医療従事者にも十分な普及啓発を―臓器移植・普及啓発作業班(医療介護CBニュース)
<振り落とし殺人>2容疑者を逮捕 京都府警(毎日新聞)

<普天間移設>政府原案「辺野古周辺」明記(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で12日、政府が米側や沖縄など地元との交渉に臨むに当たっての原案が判明した。移設先は、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部のある「名護市辺野古周辺」と明記するが、工法はくい打ち桟橋(QIP)方式を含め、6月以降日米間で調整する。また沖縄の総合的な基地負担軽減策として、在日米軍基地の環境問題に関する特別協定の締結に向け、米側と交渉に入る方針を打ち出す。

 原案によると、移設先は「名護市辺野古周辺」との表現にとどめるが、実際は1600メートル(オーバーランを含めると1800メートル)の滑走路1本をシュワブ沿岸部か沖合の浅瀬に建設する案を軸に検討している。くい打ち方式など工法の詳細は、日米実務者協議でさらに詰める方針だ。

 このほか、普天間の基地機能や訓練の一部を鹿児島県・徳之島を含む全国の自衛隊基地に移転。さらにグアムなど国外への一部訓練移転も検討する。また、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)で行われている航空機訓練について、県外の自衛隊基地への移転を現在より拡大することで騒音被害の軽減を図る。

 環境問題に関する特別協定は、沖縄側から日米地位協定への環境関係条項の新設の要望があったことを踏まえたものだ。岡田克也外相は12日の参院沖縄・北方問題特別委員会で「環境の問題は接点が見いだしやすい」と述べる一方、地位協定自体の見直しについては「普天間問題の解決を見いだした時に信頼感に基づいて取り組む」との考えを示した。地位協定自体の見直しには米側が難色を示すと判断し、特別協定の締結交渉を先行させることにした。ジェット燃料漏れなど水質、土壌汚染を解決するため、基地内でも日本の環境法令順守などを求めるとみられる。

 政府は、ワシントンで12日(日本時間13日)開かれる外務・防衛当局の日米審議官級協議で原案を示す。沖縄に対しては11日に平野博文官房長官と北沢俊美防衛相が個別に仲井真弘多知事と会談した際、概要を説明している。【仙石恭、野口武則】

【関連ニュース
普天間移設:米との交渉優先を 亀井担当相
普天間移設:官房長官が徳之島町議5人と会談
普天間移設:鳩山首相「月末までにできる限り」
普天間移設:平野官房長官、徳之島町議と意見交換へ
普天間移設:防衛相、沖縄知事と会談 政府案の理解求める

<JR埼京線>板橋駅で女性はねられ死亡 ダイヤ乱れる(毎日新聞)
もんじゅ また警報数回 原因調査始める(毎日新聞)
公明・山口代表、民主党との連携に含み(産経新聞)
鳩山首相最後のあがき ヘリ訓練分散案が浮上?(J-CASTニュース)
<両さん像損壊>容疑の会社員を書類送検…警視庁亀有署(毎日新聞)

「支持率低下にもめげず…」平野官房長官(産経新聞)

 平野博文官房長官は26日午前の記者会見で、産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が24、25日に実施した合同世論調査で内閣支持率が22・5%に落ち込んだことについて「数字については真(しん)摯(し)に受け止め、それにもめげずにしっかり頑張っていくことが必ず国民の期待に沿えることだ」と述べた。

 また、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐる鳩山政権の対応を「評価しない」と答えた人が8割超となった点に関しては「設問の項目についてはコメントする立場にない」だけ答えた。

【関連記事】
鳩山氏は「不起訴相当」偽装献金事件で検審が議決
沖縄県民集会 首相「民意の1つ」
谷垣氏、重ねて退陣要求 「首相は普天間を軽く見ていた」
普天間の県外求め9万人大会 知事「公約通り解決を」
参院選へ、鳩山首相群馬入りも… 町長「八ツ場に来ないのが現実」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

巨人前監督の堀内氏擁立=参院比例に−自民(時事通信)
東京でも和解成立 自立支援法訴訟が終結(産経新聞)
<火災>住宅3棟ほぼ全焼 焼け跡から男性の遺体…千葉(毎日新聞)
沖縄戦「集団自決」記述は継続審議 歴博が検討委 (産経新聞)
<ひき逃げ>女性はねられ死亡 警察が捜査 群馬県高崎(毎日新聞)

プラダの元部長、「セクハラ指摘で解雇」と民事訴訟へ(産経新聞)

 職場でのセクハラを指摘した後に解雇されたとして、イタリアの高級ブランド「プラダ」の日本法人「プラダジャパン」(東京都港区)元部長の日本人女性(36)=渋谷区=が、地位確認などの請求を退けた東京地裁の労働審判に異議を申し立てていたことが分かった。16日に元部長が会見し明らかにした。元部長側は今後、地裁に準備書面を提出し、民事訴訟に移行する。

 元部長の代理人によると、元部長は昨年3月に日本法人に就職。国内外の42店舗の販売指導などを担当していたが、9月に人事部長から呼び出され、「髪型を変えろ」「やせろ」などと指摘を受けた。このことをイタリアの本社に報告したが、今年3月に解雇を通告された。

 プラダ側は元部長に解雇の理由を「虚偽の事実を吹聴し、社内に混乱をもたらした」などと説明。元部長は「真実は法廷で明らかになる」としている。

 元部長は、地位確認と慰謝料1700万円などを求める労働審判を昨年12月に申し立てたが、今年3月に請求が退けられた。

【関連記事】
学生へセクハラ疑惑…元日経の田勢氏、早大教授辞めていた! 
若手に××は禁句! サラリーマン社会「アルハラ」実態
セクハラ相談員がセクハラ ハローワーク課長を処分
「キャバクラなら客になる」女子少年院でセクハラの教官処分
「下着の色は何色?」 東大がセクハラ准教授を諭旨解雇処分
外国人地方参政権問題に一石

前原氏の辞意を否定=政府高官(時事通信)
<NIE>東京・毎日ホールで新聞活用実践教室(毎日新聞)
<臨時交付金>電線地中化などは1割 大半が従来型事業に(毎日新聞)
温暖化基本法案が審議入り=温室ガス20年までに25%削減−衆院(時事通信)
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)

<村本さん銃撃>死因は銃弾による失血 警視庁発表(毎日新聞)

 タイで発生したタクシン元首相派のデモ隊と治安部隊との衝突を取材中、撃たれて死亡したロイター通信日本支局のカメラマン、村本博之さん(43)の死因について、警視庁組織犯罪対策2課は14日、銃弾が心臓の大動脈を傷つけたことによる失血死で、ほぼ即死状態だったと発表した。

 遺体は東京大医学部付属病院(東京都文京区)で司法解剖され、遺族の元に帰った。

 同課によると、弾は左鎖骨下から入り、肋骨(ろっこつ)に当たって右上腕部に貫通していた。左方からほぼ水平に撃たれたとみられるが、銃の種類や口径、どの程度の距離から撃たれたかは特定できなかった。同課は、現場にいた日本人カメラマンらから当時の状況を聞くなどして、事件の解明を進める。【神澤龍二】

【関連ニュース
村本さん死亡:無言の帰国…「悲しみあまりにも大きく」
村本さん死亡:遠距離から銃撃 威力大きい実弾
村本さん死亡:死の直前の撮影映像を配信 ロイター通信
タイ:衝突死者21人に 村本さん左胸に銃弾
村本さん銃撃:「あの笑顔で帰れず残念」妻の恵美子さん

<毎日新聞世論調査>内閣支持率33% 不支持は初の5割超(毎日新聞)
大丈夫と思うけど…ガラス1枚、ライオンの迫力(産経新聞)
【高速道路新料金割引】 四国料金問題「見直すつもりない」…前原国交相(レスポンス)
<普天間移設>「やり遂げられるのか?」 米大統領が不信感(毎日新聞)
「アイ・ウォント・マネー!」コンビニ強盗未遂でアメリカ人を再逮捕 (産経新聞)

タクシー無賃乗車、売上金盗む=容疑で男子高生ら3人逮捕−警視庁(時事通信)

 タクシーに無賃乗車した上、売上金を盗んだなどとして、警視庁少年事件課は16日までに、詐欺と窃盗の疑いで、いずれも東京都品川区に住む16歳で、都立高校2年の男子生徒ら3人を逮捕した。同課によると、容疑を認め、「約1年前から数回やった」と話しているという。
 逮捕容疑は1月31日午前0時20分から45分ごろにかけ、同区東品川の路上で、タクシー料金を払うつもりがないのに、男性運転手(62)に「自宅に戻れば金がある」と偽り乗車。約3キロ離れた路上で降車後、売上金など約3万円を盗んだ疑い。
 同課によると、3人は後部座席の窓ガラスを手が入るぐらい開けて降車。2人が運転手に「家はこっちだ」と言って車外に誘い出し、1人が窓から手を差し入れ、ドアロックを解除して現金を盗んだという。
 このほか、3人は無職女性(66)が自転車を押していて転んだ際、現金約1万1000円入りの手提げカバンをひったくったなどとして再逮捕された。 

【関連ニュース
児童買春容疑で補導員逮捕=女子中生2人にわいせつ行為
「酒飲み聖火ランナーのまね」=JA侵入、ほうき燃やす
男児専門ポルノサイト摘発=全国初「少年愛広めたかった」
警備員お手柄、東京→横浜尾行=窃盗容疑で手配の男逮捕
女子中学生にも性的暴行容疑=英会話教室の米国人再逮捕

パワーウインドーご注意 乳児挟まれ小指切断(産経新聞)
<岡田外相>核持ち込み密約 横須賀市長に直接謝罪(毎日新聞)
「自民党さん」に垣間見える鳩山首相の心理(産経新聞)
救急救命士、気管チューブを食道に=秋田(時事通信)
<平野官房長官>「安定多数を」発言紹介を修正(毎日新聞)

<黄元書記>「拉致知らなかった」「元党幹部として反省」(毎日新聞)

 北朝鮮から韓国に亡命し、来日中の黄長※(ファン・ジャンヨプ)・元朝鮮労働党書記(87)は5日、東京都内のホテルで北朝鮮による拉致被害者の家族らと面会した。出席者によると、黄元書記は拉致問題については知らなかったとしながらも「(元)党幹部として反省し、責任を感じている」と語ったという。

 面会したのは、家族会の飯塚繁雄代表(71)、増元照明事務局長(54)、横田滋さん(77)・早紀江さん(74)夫妻や支援団体関係者ら。中井洽・拉致問題担当相も同席した。

 出席者によると、黄元書記は「私は(過去に)朝鮮労働党で指導理論を管理しており、それ以外のことは知らなかった」と話したという。拉致問題に関して新しい情報はなかった。横田早紀江さんが「子供たちをなぜ帰してもらえないのか」と尋ねると、「秘密の仕事をさせられ、金総書記の正体が暴露されるので帰せないのだろう」と答えたという。

 黄元書記は同日、衆院拉致問題特別委員会の国会議員らとも面会。関係者によると、国会議員から「拉致の目的は何だったのか」と問われ、「よど号乗っ取り事件のグループの妻にさせるためや、工作員に日本語教えるためだったと聞いたことがある」と話したという。【合田月美】

 ※は火へんに「華」

【関連ニュース
拉致問題:法改正での被害者給付 蓮池さん夫妻辞退申し出
金賢姫元死刑囚:日本政府が5月招へいか 拉致家族会情報
朝まで生テレビ:田原氏発言「問題あり」BPO
黄元書記:来日、韓国亡命後初 拉致被害者家族らと面談へ
拉致問題:被害者家族会が蓮池透さんの退会発表

コンビニ強盗3万円奪う 大阪・淀川(産経新聞)
飲酒運転3人死傷、車の所有者を書類送検(読売新聞)
<宇土市長選>元市職員の元松氏、現職ら破り初当選 熊本(毎日新聞)
食塩の過剰摂取防げ 1日の目標量引き下げ 男性9グラム 女性7.5グラム未満(産経新聞)
川端大臣「一社随契よくない。改善されることを期待」 理研の1社応札問題で(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。