So-net無料ブログ作成

イラン制裁で連携 岡田外相が米国務副長官と会談(産経新聞)

 岡田克也外相は5日午前、スタインバーグ米国務副長官と外務省で会談した。両氏は日米安保体制の重要性を確認、北朝鮮とイランの核開発問題に連携して対処していくことで一致した。

 スタインバーグ氏は会談後、ウラン濃縮活動の停止などを求めた国連安保理決議に従わないイランへの対応について、「安保理でも(日米は)重要なパートナーであり、共通のアプローチで対処する」と記者団に語った。会談では、岡田氏が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について政府の検討状況を説明した。

【関連記事】
ヒゲの隊長「国防は最大の福祉」に首相「外交努力も大事」
普天間問題、官房長官も米大使も「トラスト・ミー」
米国務副長官が日中歴訪に出発 北朝鮮、イランなど協議
NATOの財政危機脱却へ「改革」を 米国防長官
「消えた日本」と同盟の信頼

<がんを知るフォーラム>横浜で700人が参加(毎日新聞)
東大のトルコ人助教、論文盗用で博士号取り消し(読売新聞)
サクラで平和を(産経新聞)
機密費使途、確認できず=退陣確定の麻生政権が支出−政府答弁書(時事通信)
小沢幹事長 「トヨタ問題で対策を」谷亮子さんから要望書(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。